So-net無料ブログ作成

初心者でも乗りやすい2015年式CRF250R仕様と評価 [モータースポーツ]

15-crf250r-ban-2.jpg
https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0CAYQjB0&url=http%3A%2F%2Fdirtbiketest.com%2Fbike-tests%2F2015-honda-crf250r%2F&ei=YRtSVe2qHuPEmAWy6oCoDQ&bvm=bv.92885102,d.dGY&psig=AFQjCNF335Z_JqTM1esGGT6Np1xqCeUI2g&ust=1431530671899881

始めに皆様おわかりの事と思いますが、念のためCRF250Rは競技車両である事だけ書かせてもらいます。
15_Honda_CRF250R_17.jpg
https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0CAYQjB0&url=http%3A%2F%2Fwww.motorcycle-usa.com%2F123%2F19008%2FMotorcycle-Article%2F2015-Honda-CRF250R-First-Ride.aspx&ei=NxtSVeqfAoW0mAWhzIDwCQ&bvm=bv.92885102,d.dGY&psig=AFQjCNF335Z_JqTM1esGGT6Np1xqCeUI2g&ust=1431530671899881

CRF250Rは去年の12月に予約受付を終了してますので現在直接問い合わせることはできません。

2015年式のCRF250Rの仕様変更は本当に面白いです。
なぜなら、フロントフォークがエアサスペンションになっていることです。
詳しく説明しますと左側のフォークには圧縮空気によるスプリング機構、右側のフォークにはダンパー機能を備えたセパレート・ファンクション・フロントフォークだという事です。
珍しいですよね!しかしセッティングとかオーバーホールなどの仕方がややこしそうですね(笑)

エンジンにはモードセレクトがついたそうで、

        STANDARD  ・通常のコースコンディションでの走行に適したモード
        SMOOTH   ・スムーズなパワー特性とし、主にマディー路面のスロットルコントロール性を重視したモード
        AGGRESSIVE ・レスポンシブなパワー特性とし、主にソフト路面でのパワー感を重視したモード
三段階あるそうです。
なおフロントブレーキディスクやリアクッションスプリングなど材料を変えたり大きさの変更などのこまかな変更も制動性を
追及したモデルになっています。

仕様についてはこの辺にしておきまして評価に移りたいと思います。(あくまでの個人的意見です。参考程度にどうぞ)
エアサスペンションにつきましてはよくわかりませんが、もしかしたら、
今までの感覚と違うため慣れるまでに時間がかかるのではないかと思います。
しかしその分フロント周りが軽く感じるでしょうから扱いやすくなっている可能性も十分考えられます。

シート高についても低く設計されていますから足つきも非常に良いと考えられます。

車体も小さいですから小回りがきくと思います。

エンジンのモードセレクトは個人的にマディーなどで使いやすい設定とされているSMOOTHモードが気になります。

全体的に考えて乗っていないので詳しくは言えませんが、玄人から初心者まで扱いやすく非常に優れているマシンに感じました。

カワサキが300台Ninja 400 ABS Limited Editionを6月に発売 [ニュース]

カワサキが300台限定車の「ニンジャ400ABSリミテッドエディション」を今年の6月1日に発売します。

img_11-01.jpg
http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja400/

外装にはカウルとタンクにカーボン柄を施し、全体をグレーとカーボン柄で統一

ホイールとブレーキキャリパーなどにゴールドをあしらうことで高級感を表現しています。

現行のフルカウルSSでは大人気のニンジャですが、この限定車の売れ行きが気になりますね。

正式な車種名はタイトルの通りNinja 400 ABS Limited Editionです。

細かな変更部分としましては性能自体はほとんど変更はないようですが(ABSの装備が施されています)、
説明に書いたようにアッパー、アンダー、シートカウル、タンクカバーがカーボン化され、

エンブレムやマークの細かな変更やメタリックグレーに塗装されたステップステーなどの

変更が見受けられました。

価格についてですが、メーカー希望小売価格  751,680円(本体価格696,000円、消費税55,680円)だそうです。

他の400のニンジャと比べてすこし値段は高いですが外装の変更部品がカーボンが多いですし高級感漂う仕様ですから妥当だと思います。


さらに詳細が気になる方はカワサキのHPをこちらに貼っておきます
http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja400/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。